厚生労働省 中高年を襲う突然死の恐怖メタボリック症候群に警鐘!!

厚生労働省 メタボリック 糖尿病だとなりやすい意外な病気

ゲンダイ
糖尿病だとなりやすい意外な病気

これだから怖くて厄介!

 糖尿病が怖いのは合併症で、「網膜症」「腎症」「神経症」が3大合併症――。これくらいはご存じかもしれないが、実は、ほかにも多くの意外な病気の引き金になっているという。専門家に聞いた。

緑内障
 失明の恐れがある緑内障のリスク因子のひとつが糖尿病だ。
「近視や遺伝など、緑内障のリスク因子はいくつかありますが、病気との相関関係でいくと、糖尿病は大きなリスク因子です。緑内障の詳しい発症メカニズムは未解明ながら、糖尿病の人に、数多くの緑内障患者がいるのです」(多治見市民病院・岩瀬愛子眼科診療部長)
 緑内障は眼圧が高くなって発症すると考えられていたが、正常眼圧でも発症することが分かってきた。
「進行した緑内障でも多くは視力が下がらないので、緑内障を早期発見し予防するためには、視力、眼圧検査だけでは不十分。眼底と視野検査を加えた正常眼圧緑内障検診が不可欠です」(岩瀬部長)
 多治見市の疫学調査では、40歳以上の28人に1人が正常眼圧緑内障。そのうち9割は無自覚、未治療だったというから、いかに正常眼圧緑内障検診が大事か分かる。

歯周病
 関西電力病院の清野裕院長が言う。
「歯周病には初期の歯肉炎と末期の歯周炎があります。健常者は歯周炎より歯肉炎が比較的多いのですが、糖尿病の人は歯周炎が多い。糖尿病が歯周病を悪化させるだけでなく、重度の歯周病患者は糖尿病が進行して心筋梗塞などの重大病になりやすいという報告もあります」
 糖尿病患者は歯周病になりやすく、歯周病になると糖尿病が悪化するという悪循環だ。
「歯周病対策をしている糖尿病患者と、していない患者を比較すると、前者の方が血糖値が低下しやすい。糖尿病患者は、歯周病対策が欠かせません」(大阪大歯学部・野村慶雄教授)
 歯周病対策をしたグループでは、ヘモグロビンA1cが7.3から6.5に低下したのに対し、していないグループでは逆に7.0から7.3に上昇したという。

肺炎
 肺炎の死亡者数は年間10万人近くに上る。糖尿病は、その肺炎も引き起こしやすいという。藤沢市民病院呼吸器科の西川正憲医長が言う。
「糖尿病患者は免疫力が落ちるため、健常者ならかからないようなウイルスに侵されて、肺炎を併発しやすいのです」
 糖尿病はここまで怖いということを知ることが、糖尿病対策の第一歩だ。


メタボリック症候群の糖尿病、

ほんとうに厄介で怖いですね。



血糖値を抑えるには

厚生労働省の「健康づくりの

ためのエクササイズガイド」



の有酸素運動を毎日続けることですが

やってますか?

私は最近、週に2-3回のジムでのバイク、

筋肉トレーニング、水泳に加え

毎朝40分くらいのウォーキングを

やってますよ!!


一週間の基準23エクササイズはクリアーですよ。

健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28868015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

厚生労働省 メタボリック 糖尿病だとなりやすい意外な病気

ゲンダイ
糖尿病だとなりやすい意外な病気

これだから怖くて厄介!

 糖尿病が怖いのは合併症で、「網膜症」「腎症」「神経症」が3大合併症――。これくらいはご存じかもしれないが、実は、ほかにも多くの意外な病気の引き金になっているという。専門家に聞いた。

緑内障
 失明の恐れがある緑内障のリスク因子のひとつが糖尿病だ。
「近視や遺伝など、緑内障のリスク因子はいくつかありますが、病気との相関関係でいくと、糖尿病は大きなリスク因子です。緑内障の詳しい発症メカニズムは未解明ながら、糖尿病の人に、数多くの緑内障患者がいるのです」(多治見市民病院・岩瀬愛子眼科診療部長)
 緑内障は眼圧が高くなって発症すると考えられていたが、正常眼圧でも発症することが分かってきた。
「進行した緑内障でも多くは視力が下がらないので、緑内障を早期発見し予防するためには、視力、眼圧検査だけでは不十分。眼底と視野検査を加えた正常眼圧緑内障検診が不可欠です」(岩瀬部長)
 多治見市の疫学調査では、40歳以上の28人に1人が正常眼圧緑内障。そのうち9割は無自覚、未治療だったというから、いかに正常眼圧緑内障検診が大事か分かる。

歯周病
 関西電力病院の清野裕院長が言う。
「歯周病には初期の歯肉炎と末期の歯周炎があります。健常者は歯周炎より歯肉炎が比較的多いのですが、糖尿病の人は歯周炎が多い。糖尿病が歯周病を悪化させるだけでなく、重度の歯周病患者は糖尿病が進行して心筋梗塞などの重大病になりやすいという報告もあります」
 糖尿病患者は歯周病になりやすく、歯周病になると糖尿病が悪化するという悪循環だ。
「歯周病対策をしている糖尿病患者と、していない患者を比較すると、前者の方が血糖値が低下しやすい。糖尿病患者は、歯周病対策が欠かせません」(大阪大歯学部・野村慶雄教授)
 歯周病対策をしたグループでは、ヘモグロビンA1cが7.3から6.5に低下したのに対し、していないグループでは逆に7.0から7.3に上昇したという。

肺炎
 肺炎の死亡者数は年間10万人近くに上る。糖尿病は、その肺炎も引き起こしやすいという。藤沢市民病院呼吸器科の西川正憲医長が言う。
「糖尿病患者は免疫力が落ちるため、健常者ならかからないようなウイルスに侵されて、肺炎を併発しやすいのです」
 糖尿病はここまで怖いということを知ることが、糖尿病対策の第一歩だ。


メタボリック症候群の糖尿病、

ほんとうに厄介で怖いですね。



血糖値を抑えるには

厚生労働省の「健康づくりの

ためのエクササイズガイド」



の有酸素運動を毎日続けることですが

やってますか?

私は最近、週に2-3回のジムでのバイク、

筋肉トレーニング、水泳に加え

毎朝40分くらいのウォーキングを

やってますよ!!


一週間の基準23エクササイズはクリアーですよ。

健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

posted by 健康スロー人@META at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生労働省 メタボリック症候群とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28868015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。