厚生労働省 中高年を襲う突然死の恐怖メタボリック症候群に警鐘!!

下肢閉塞性動脈硬化症 ご存知ですか?

下肢閉塞性動脈硬化症 ご存知ですか?

心当たりの方はお早めに検査しては

いかがですか?



足にも動脈硬化がある。下肢閉塞(へいそく)性動脈硬化症と
呼ぶ病気で、足がしびれ、歩くと痛い。重症だとつま先などに
血液が流れにくくなり壊死して切断sることも。国内の正確な
発症率は把握できていないが、欧米では70歳以上の約20%が
発症するというデータもある。

足に血液を運ぶ下肢動脈が狭くなったりつまったりすると
発症する。少し歩くだけでも痛くなる。しばらく休むと
よくなるが、また歩き始めると痛む。「間欠性跛行(はこう)」
という症状だが、実際には多くのの人が無症状で気が付かず
、症状が重くなるまで診断がつかないことが多い。

東邦大学の中村正人助教授は「無症状でも診療所などで手と
足の血圧を比較してもらえば見当がつく」と話す。

専門病院で触診のほか、超音波やコンピューター断層撮影
装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)などで調べれば
確定診断できる。薬物療法のほか、狭くなった血管を風船で
広げる。硬くなって血管の壁を削る、金属でできた網状の
筒(ステント)を入れる、などの治療法がある。
(日経新聞1分間人間ドック)


特に女性に多いようですが、酷くなると

下肢動脈瘤になったり、症状が出てくる

ようですがその前の治療が肝腎ですね。


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29479533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

下肢閉塞性動脈硬化症 ご存知ですか?

下肢閉塞性動脈硬化症 ご存知ですか?

心当たりの方はお早めに検査しては

いかがですか?



足にも動脈硬化がある。下肢閉塞(へいそく)性動脈硬化症と
呼ぶ病気で、足がしびれ、歩くと痛い。重症だとつま先などに
血液が流れにくくなり壊死して切断sることも。国内の正確な
発症率は把握できていないが、欧米では70歳以上の約20%が
発症するというデータもある。

足に血液を運ぶ下肢動脈が狭くなったりつまったりすると
発症する。少し歩くだけでも痛くなる。しばらく休むと
よくなるが、また歩き始めると痛む。「間欠性跛行(はこう)」
という症状だが、実際には多くのの人が無症状で気が付かず
、症状が重くなるまで診断がつかないことが多い。

東邦大学の中村正人助教授は「無症状でも診療所などで手と
足の血圧を比較してもらえば見当がつく」と話す。

専門病院で触診のほか、超音波やコンピューター断層撮影
装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)などで調べれば
確定診断できる。薬物療法のほか、狭くなった血管を風船で
広げる。硬くなって血管の壁を削る、金属でできた網状の
筒(ステント)を入れる、などの治療法がある。
(日経新聞1分間人間ドック)


特に女性に多いようですが、酷くなると

下肢動脈瘤になったり、症状が出てくる

ようですがその前の治療が肝腎ですね。


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ
posted by 健康スロー人@META at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢閉塞性動脈硬化症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29479533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。