厚生労働省 中高年を襲う突然死の恐怖メタボリック症候群に警鐘!!

ピロリ菌で胃がん発祥の仕組み 京大チームが仕組み解明!!


感染すると胃がんになりやすくなることで知られる細菌

ヘリコバクター・ピロリ菌」の胃がん発症の仕組みを

京都大学の千葉勉教授らの研究チームが解明したようです。

日経新聞に載っていましたが、胃の細胞にピロリ菌が

感染すると、がん抑制遺伝子を変異させる酵素を呼び寄せる

働きがあることがわかり胃がんの発症につながるようです。


ピロリ菌はオーストラリアのバリー・マーシャル

博士らによって発見され、胃炎や胃潰瘍を起こす。

又その後の研究で感染すると胃がんになりやすいことが

わかった。

マーシャル博士らは2005年にノーベル生理医学賞を

受賞したが胃がんをひきおこす具体的に仕組みは

わからなかった。


日本人の4割程度がの保菌者とみられ、

感染すると胃がん発症のリスクが高まるとの調査結果が

出ています。抗生物質を使って除菌し胃がんの発症を防ぐ

研究が進んでいるようです。


胃がんが心配な方は一度検査をされてはいかがですか?

もちろん私も医者で調べてみようと思います



        
健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ピロリ菌で胃がん発祥の仕組み 京大チームが仕組み解明!!


感染すると胃がんになりやすくなることで知られる細菌

ヘリコバクター・ピロリ菌」の胃がん発症の仕組みを

京都大学の千葉勉教授らの研究チームが解明したようです。

日経新聞に載っていましたが、胃の細胞にピロリ菌が

感染すると、がん抑制遺伝子を変異させる酵素を呼び寄せる

働きがあることがわかり胃がんの発症につながるようです。


ピロリ菌はオーストラリアのバリー・マーシャル

博士らによって発見され、胃炎や胃潰瘍を起こす。

又その後の研究で感染すると胃がんになりやすいことが

わかった。

マーシャル博士らは2005年にノーベル生理医学賞を

受賞したが胃がんをひきおこす具体的に仕組みは

わからなかった。


日本人の4割程度がの保菌者とみられ、

感染すると胃がん発症のリスクが高まるとの調査結果が

出ています。抗生物質を使って除菌し胃がんの発症を防ぐ

研究が進んでいるようです。


胃がんが心配な方は一度検査をされてはいかがですか?

もちろん私も医者で調べてみようと思います



        
健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ
posted by 健康スロー人@META at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。