厚生労働省 中高年を襲う突然死の恐怖メタボリック症候群に警鐘!!

インスピレーション・マーケティングとは?

新聞・雑誌からTV、そしていまやインターネットが広告の主流と

なってきている時代ですが、インターネット広告でも

メールや広告で煽って売れる時代は、急速に終わりを告げようとして

います。テクニックの奥にあるもの、それが売り上げを左右する時代

になってきました。インターネットマーケティングの先進国アメリカ

で12年間活躍し今、日本でインターネット・マーケティングの第一

人者として活躍しているしている磯一明さんが貴重な体験からきた

次世代マーケティングのエッセンスを無料レポートで説明してくれて

います。


ダイレクトレスポンスのブームで、日本のセールスレターや広告の反

応が、ここ数年で格段にあがりました。そこから、レスポンスが高く

て儲からない、奇妙なビジネス例が続出しています。

その背景には、お客さん不在のテクニックマーケティングが存在しま

す。

インターネットでは、全てのレスポンスを数字で計ることができま

す。それが、インターネットの最大の魅力であり、マーケティングを

楽しくさせてくれます。また、数字で計れる為に、数字を上げるワザ

も、どんどん上達します。しかし、このテクニック重視のマーケティ

ングがはびこり、ネット消費者の温度が急速に冷えています。私は、

インターネットを駆使するものとして、テクニック、ノウハウを否定

するものではありませんが、テクニック以上の何か、が必要だとも感

じています。

全てのビジネスで、リピートを生まなければ恒常的に利益を出すこと

が難しいのは周知の事実です。リピートを生むには、レスポンスをあ

げるだけの煽動マーケティングでは、お客さんがついてきません。む

しろ、購入を後悔したり、憤慨しています。リピートを生むには、

動、共感と言った、右脳とハートに届くメッセージ
がなくてはいけま

せん。

この、感動を設計する専門家が感動プロデューサー 平野秀典さんで

す。ドラマ、演劇で「感動を設計」する考えをビジネスに応用した理

論は業界に高く評価され、年間200回以上の講演を軸に幅広く活動され

ています。

この、感動を設計する右脳アプローチと、インターネットマーケティ

ングの左脳アプローチを併せると。。。それが、インスピレーショ

ン・マーケティング
です。これは、ビジネスで売り上げを最大化する

という現実的な課題と、お客さんと感動を共有して共有リピーターに

なってもらう、というハートに届く手法を、私と平野氏が共同で名づ

けたものです。

この考えが、日本のちょっと寄り道をしたマーケティングに、一石を

投じます。

このインスピレーション・マーケティングを、一つのebookにまとめま

した。

ご興味ある方は、こちらからメールを登録して頂くと、無料でダウン

ロードすることができます。

■お名前(必須)      
■メールアドレス(必須) 
「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も 購読する(推奨)


このインスピレーション・マーケティングのテーマで、年内に平野氏

と礒で、ジョイントセミナーを行う予定です。そちらの案内も、メー

ルにてご案内させて頂きますね。

あなたのビジネスを長期的に繁栄させるために、テクニックマーケテ

ィングから一歩上へ進む一助になれば幸いです。

コマースジャングル代表
礒 一明



日ごろより煽りのマーケティングのメルマガに辟易していて磯一明さ

んの話に同感してしまい、他ジャンルながら掲載しました。


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41603207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

インスピレーション・マーケティングとは?

新聞・雑誌からTV、そしていまやインターネットが広告の主流と

なってきている時代ですが、インターネット広告でも

メールや広告で煽って売れる時代は、急速に終わりを告げようとして

います。テクニックの奥にあるもの、それが売り上げを左右する時代

になってきました。インターネットマーケティングの先進国アメリカ

で12年間活躍し今、日本でインターネット・マーケティングの第一

人者として活躍しているしている磯一明さんが貴重な体験からきた

次世代マーケティングのエッセンスを無料レポートで説明してくれて

います。


ダイレクトレスポンスのブームで、日本のセールスレターや広告の反

応が、ここ数年で格段にあがりました。そこから、レスポンスが高く

て儲からない、奇妙なビジネス例が続出しています。

その背景には、お客さん不在のテクニックマーケティングが存在しま

す。

インターネットでは、全てのレスポンスを数字で計ることができま

す。それが、インターネットの最大の魅力であり、マーケティングを

楽しくさせてくれます。また、数字で計れる為に、数字を上げるワザ

も、どんどん上達します。しかし、このテクニック重視のマーケティ

ングがはびこり、ネット消費者の温度が急速に冷えています。私は、

インターネットを駆使するものとして、テクニック、ノウハウを否定

するものではありませんが、テクニック以上の何か、が必要だとも感

じています。

全てのビジネスで、リピートを生まなければ恒常的に利益を出すこと

が難しいのは周知の事実です。リピートを生むには、レスポンスをあ

げるだけの煽動マーケティングでは、お客さんがついてきません。む

しろ、購入を後悔したり、憤慨しています。リピートを生むには、

動、共感と言った、右脳とハートに届くメッセージ
がなくてはいけま

せん。

この、感動を設計する専門家が感動プロデューサー 平野秀典さんで

す。ドラマ、演劇で「感動を設計」する考えをビジネスに応用した理

論は業界に高く評価され、年間200回以上の講演を軸に幅広く活動され

ています。

この、感動を設計する右脳アプローチと、インターネットマーケティ

ングの左脳アプローチを併せると。。。それが、インスピレーショ

ン・マーケティング
です。これは、ビジネスで売り上げを最大化する

という現実的な課題と、お客さんと感動を共有して共有リピーターに

なってもらう、というハートに届く手法を、私と平野氏が共同で名づ

けたものです。

この考えが、日本のちょっと寄り道をしたマーケティングに、一石を

投じます。

このインスピレーション・マーケティングを、一つのebookにまとめま

した。

ご興味ある方は、こちらからメールを登録して頂くと、無料でダウン

ロードすることができます。

■お名前(必須)      
■メールアドレス(必須) 
「アメリカで一番になった!」(まぐまぐ)も 購読する(推奨)


このインスピレーション・マーケティングのテーマで、年内に平野氏

と礒で、ジョイントセミナーを行う予定です。そちらの案内も、メー

ルにてご案内させて頂きますね。

あなたのビジネスを長期的に繁栄させるために、テクニックマーケテ

ィングから一歩上へ進む一助になれば幸いです。

コマースジャングル代表
礒 一明



日ごろより煽りのマーケティングのメルマガに辟易していて磯一明さ

んの話に同感してしまい、他ジャンルながら掲載しました。


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

posted by 健康スロー人@META at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 コメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41603207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。