厚生労働省 中高年を襲う突然死の恐怖メタボリック症候群に警鐘!!

ノーベル賞博士のアンチエイジングは”NO”

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。



代表的な心血管系疾患と

NO(一酸化窒素)の役割




1)高血圧

何故血圧はあがるのか?

血流に対する抵抗によって血圧は変化します。動脈が

狭まって血流が妨げられれば血圧が上がります。

逆に動脈が弛緩して広がれば血液が自由に流れるように

なり血圧は下がります。


無症状でも恐ろしい高血圧

高血圧であっても症状が感じられないところが高血圧の

怖いところです。


高血圧は障害が生じた証拠になるような徴候を示しませんが

内皮を損傷し、身体の”NO”(一酸化窒素)の再生能力を低下

させることによって、重大な内的障害を引き起こします。

状態がさらに悪化すると動脈が炎症をおこし、アテローム性

動脈硬化
やプラークの発生を招きます。又高血圧は心臓を

肥大化させ、心臓発作や脳卒中を起こしやすくするだけでなく

腎不全の原因にもなります。


初めて心臓発作を起こした人の約半分、初めて脳卒中を

起こした人の三分の二は血圧が160/90以上だそうです。

高血圧の人は正常な血圧の人と比較して脳卒中の危険性が

7倍
にも高くなるそうです。


NO(一酸化窒素)は体内のほかのあらゆる因子よりも

血管の平滑筋を効果的に弛緩させられます。平滑筋が弛緩

すると血管も弛緩し、血液が流れやすくなるため、それだけ

血圧が低下しやすくなります。


私もイグナロ博士が推奨する”ナイトワークス”という

体内でNO生成が増加するサプリメントを飲み始めて3週間

たちましたが、若干高めの血圧(145/85位)が10以上

下がってきています。もう少し下がってきたら、医者に相談

して長年の血圧降下剤の服用をやめることができたらいいなと

期待しています。


2)アテローム性動脈硬化

若いときには血管はしなやかで内径も3ミリありますが、大半の

人は年をとると、動脈の滑らかな内壁が次第に厚くなり、

しなやかさを失っていき、同時にプラークと呼ばれる脂肪の

堆積物が動脈の内壁に蓄積していきます。こうした状態が

アテローム性動脈硬化と呼ばれます。

動脈の直径が狭くなり正常な血液の流れが阻害されます。

又アテローム性動脈降下は早期老化能力障害をを引き

起こすことがあり、中高年の記憶力を阻害し、高齢者の場合

にはある種の認知症の原因にもなります。

アテローム性動脈降下は抹消動脈疾患で、特に60歳以上の

喫煙者の場合、脚の動脈が狭くなり血液がきちんと流れない

ようになります。


不健康な内皮はなんでも吸い付けるため、プラークもこびり

つきやすくなります。アテローム性動脈硬化になった箇所に

積もったプラークLDL(悪玉コレステロール)と呼ばれる

脂肪だけでなく、細胞の老廃物、カルシウム、フィブリンと

呼ばれる血液凝固因子からできています。このひどい”ゴミの

山”が冠状動脈にできると、心臓は血液から適切量の酸素を

受け取れなくなり、狭心症と呼ばれる胸痛を発症します。

狭心症は運動中や心拍数が高くなる他の身体活動中により

起こり易い病気です。


プラークが大きくなり、もろくなると、ひび割れたり、裂け

たりして、動脈壁から剥がれることがあります。その他の

ケガの場合と同じように身体は凝結によってケガに対処しよう

とします。そのために動脈に血餅ができると、深刻な被害が

生じます。血餅によって心臓や脳に通じる血管がふさがれ、

血液が通わなくなると、心臓発作や脳卒中を引き起こすこと

さえあります。


NO(一酸化窒素)のアテローム性動脈硬化予防・治療方法




アテローム性動脈硬化は高血圧と同じように、NOの産生を

低下させる内皮の損傷と密接に関係しています
。身体が健康な

心血管系を維持するためには、健全な量のNOを産生しな

ければなりません。体内で適切や量のNOが産生されていれば

プラークの形成やアテローム性動脈硬化を発病する危険性を

大幅に低下させ、ときには症状と改善できることもあります。



3)心臓発作

冠状動脈に血餅が溜まり心臓の酸素が一部またはすべて

失われると、心臓の細胞に栄養も届かなくなり、心臓発作を

おこします。医学的には心筋梗塞と呼ばれています。

これは心筋(心臓の筋肉)が酸素不足のために死滅すると

いうことです。心臓発作は血餅だけではなく、動脈内の

過剰なプラークや血流を妨げるような血管痙攣と呼ばれる

動脈の一時的かつ急激な収縮や痙攣も心臓発作の引き金に

なります。

幸いなことにすべての心臓発作が致命的にわけではありま

せん。速やかに緊急処置室にはいり『血栓溶解薬』を使用

した場合心臓発作で命をおとすことはまずありえません。

アメリカでは約110万人の人が心臓発作を起こすで

しょうがその三分の二は救われるでしょう。NOは2回目の

心臓発作が起こる危険性を大幅に低下させることができます。


NOは血圧を低下させ、コレステロールを減らして血液の

循環を改善することによって心臓発作を予防することが

できます。





4)脳卒中

心臓発作は心臓でおこり脳卒中は脳で起こりますがこの二つは

多くの共通点があります。

いずれも血餅によって引き起こされます。ただし、脳卒中の

場合には脳にいたる血管の血餅が原因となります。

血餅が正常な血流に干渉し脳細胞に酸素が送られなくなると

脳卒中がおこります。脳卒中は脳の損傷や機能障害を引き

起こし死亡することもあります。もっとも血餅が生じやすい

箇所は首の両側にある頚動脈です。血管の内壁で正常なNO

産生が阻害されると血餅ができやすくなり、それだけ

脳卒中の危険性が高まります。


NO(一酸化窒素)の脳卒中予防方法



血餅の生成を妨げ、動脈にプラークがつかないようにすると

いうNOの二つの重要な機能が脳卒中が発生する危険性を

低下させます。



長くなりましたが高血圧がなぜこわいか?

アテローム性動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中などが、どのように

おこるか?NOがなぜ重要なのか、大分わかってきましたね。



NO(一酸化窒素)はメタボリック対策にも万能ですね。



次回は心血管系の病気の予防はどうするか?


  健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジングは”NO”

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。



代表的な心血管系疾患と

NO(一酸化窒素)の役割




1)高血圧

何故血圧はあがるのか?

血流に対する抵抗によって血圧は変化します。動脈が

狭まって血流が妨げられれば血圧が上がります。

逆に動脈が弛緩して広がれば血液が自由に流れるように

なり血圧は下がります。


無症状でも恐ろしい高血圧

高血圧であっても症状が感じられないところが高血圧の

怖いところです。


高血圧は障害が生じた証拠になるような徴候を示しませんが

内皮を損傷し、身体の”NO”(一酸化窒素)の再生能力を低下

させることによって、重大な内的障害を引き起こします。

状態がさらに悪化すると動脈が炎症をおこし、アテローム性

動脈硬化
やプラークの発生を招きます。又高血圧は心臓を

肥大化させ、心臓発作や脳卒中を起こしやすくするだけでなく

腎不全の原因にもなります。


初めて心臓発作を起こした人の約半分、初めて脳卒中を

起こした人の三分の二は血圧が160/90以上だそうです。

高血圧の人は正常な血圧の人と比較して脳卒中の危険性が

7倍
にも高くなるそうです。


NO(一酸化窒素)は体内のほかのあらゆる因子よりも

血管の平滑筋を効果的に弛緩させられます。平滑筋が弛緩

すると血管も弛緩し、血液が流れやすくなるため、それだけ

血圧が低下しやすくなります。


私もイグナロ博士が推奨する”ナイトワークス”という

体内でNO生成が増加するサプリメントを飲み始めて3週間

たちましたが、若干高めの血圧(145/85位)が10以上

下がってきています。もう少し下がってきたら、医者に相談

して長年の血圧降下剤の服用をやめることができたらいいなと

期待しています。


2)アテローム性動脈硬化

若いときには血管はしなやかで内径も3ミリありますが、大半の

人は年をとると、動脈の滑らかな内壁が次第に厚くなり、

しなやかさを失っていき、同時にプラークと呼ばれる脂肪の

堆積物が動脈の内壁に蓄積していきます。こうした状態が

アテローム性動脈硬化と呼ばれます。

動脈の直径が狭くなり正常な血液の流れが阻害されます。

又アテローム性動脈降下は早期老化能力障害をを引き

起こすことがあり、中高年の記憶力を阻害し、高齢者の場合

にはある種の認知症の原因にもなります。

アテローム性動脈降下は抹消動脈疾患で、特に60歳以上の

喫煙者の場合、脚の動脈が狭くなり血液がきちんと流れない

ようになります。


不健康な内皮はなんでも吸い付けるため、プラークもこびり

つきやすくなります。アテローム性動脈硬化になった箇所に

積もったプラークLDL(悪玉コレステロール)と呼ばれる

脂肪だけでなく、細胞の老廃物、カルシウム、フィブリンと

呼ばれる血液凝固因子からできています。このひどい”ゴミの

山”が冠状動脈にできると、心臓は血液から適切量の酸素を

受け取れなくなり、狭心症と呼ばれる胸痛を発症します。

狭心症は運動中や心拍数が高くなる他の身体活動中により

起こり易い病気です。


プラークが大きくなり、もろくなると、ひび割れたり、裂け

たりして、動脈壁から剥がれることがあります。その他の

ケガの場合と同じように身体は凝結によってケガに対処しよう

とします。そのために動脈に血餅ができると、深刻な被害が

生じます。血餅によって心臓や脳に通じる血管がふさがれ、

血液が通わなくなると、心臓発作や脳卒中を引き起こすこと

さえあります。


NO(一酸化窒素)のアテローム性動脈硬化予防・治療方法




アテローム性動脈硬化は高血圧と同じように、NOの産生を

低下させる内皮の損傷と密接に関係しています
。身体が健康な

心血管系を維持するためには、健全な量のNOを産生しな

ければなりません。体内で適切や量のNOが産生されていれば

プラークの形成やアテローム性動脈硬化を発病する危険性を

大幅に低下させ、ときには症状と改善できることもあります。



3)心臓発作

冠状動脈に血餅が溜まり心臓の酸素が一部またはすべて

失われると、心臓の細胞に栄養も届かなくなり、心臓発作を

おこします。医学的には心筋梗塞と呼ばれています。

これは心筋(心臓の筋肉)が酸素不足のために死滅すると

いうことです。心臓発作は血餅だけではなく、動脈内の

過剰なプラークや血流を妨げるような血管痙攣と呼ばれる

動脈の一時的かつ急激な収縮や痙攣も心臓発作の引き金に

なります。

幸いなことにすべての心臓発作が致命的にわけではありま

せん。速やかに緊急処置室にはいり『血栓溶解薬』を使用

した場合心臓発作で命をおとすことはまずありえません。

アメリカでは約110万人の人が心臓発作を起こすで

しょうがその三分の二は救われるでしょう。NOは2回目の

心臓発作が起こる危険性を大幅に低下させることができます。


NOは血圧を低下させ、コレステロールを減らして血液の

循環を改善することによって心臓発作を予防することが

できます。





4)脳卒中

心臓発作は心臓でおこり脳卒中は脳で起こりますがこの二つは

多くの共通点があります。

いずれも血餅によって引き起こされます。ただし、脳卒中の

場合には脳にいたる血管の血餅が原因となります。

血餅が正常な血流に干渉し脳細胞に酸素が送られなくなると

脳卒中がおこります。脳卒中は脳の損傷や機能障害を引き

起こし死亡することもあります。もっとも血餅が生じやすい

箇所は首の両側にある頚動脈です。血管の内壁で正常なNO

産生が阻害されると血餅ができやすくなり、それだけ

脳卒中の危険性が高まります。


NO(一酸化窒素)の脳卒中予防方法



血餅の生成を妨げ、動脈にプラークがつかないようにすると

いうNOの二つの重要な機能が脳卒中が発生する危険性を

低下させます。



長くなりましたが高血圧がなぜこわいか?

アテローム性動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中などが、どのように

おこるか?NOがなぜ重要なのか、大分わかってきましたね。



NO(一酸化窒素)はメタボリック対策にも万能ですね。



次回は心血管系の病気の予防はどうするか?


  健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

ノーベル賞博士のアンチエイジング”NO”(一酸化窒素・・・(2)

米国のルイス・イグナロ博士は血管の内皮で生成される微量の

”NO”(一酸化窒素)が人の身体の血管を弛緩・拡張させ

心臓病をはじめあらゆる心血系の病気を改善させることを発見し

1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。




そのイグナロ博士がわかりやすいアンチエイジングの本

”NOでアンチエイジング”を発刊されましたので要約を

まとめてみました。


あの有害な排気ガスに含まれる”NO”(一酸化窒素)

まさか人の身体の中で微量ながら生成され、それが心血管系症状を

劇的に改善する役割をはたしているなんて誰も考えられなかった

為に100年もの歳月がかかりやっとわかったことなのです。


今でも医者でも知らない方も多いようですので貴方が知らなかった

としても当然のことなのですが、一度知ると貴方の健康に本当に

役立ちますよ。メタボリック症候群対策にも大いに役にたちます。


心血管系とは?



大半の人はなにか問題が発生しない限り心臓や血管について

心配をすることはないと思いますが、身体のすべての部分が

生き続けるために酸素と栄養分を必要としており心血管系が

それをエレガントかつ効率的に1日24時間、生きている限り

何十年も休まずに送り届けています。

そう考えると心臓や血管のがんばりに感謝したくなりますネ。


その心臓や血管の健康の為に”NO”(一酸化窒素)が

重要なのです。
心臓や血管の細胞に”NO”を栄養補給

することが健康の為に不可欠なのです。


心血管系は心臓と血管から構成されていますが、

作用の中心となるのは心臓です。


心臓は4室からできた筋肉のポンプで70年も80年、

あるいはそれ以上1日も休まず、心臓は1秒に1回

強脈動し心臓の筋肉に取り付けられた太めの血管大動脈に

新鮮な酸素を含む血液を1拍毎に約88mlを送り続けます。


心臓1日に約10万回脈動1日24時間で

約7600Lの血液を身体に送りこんでいます。



それから血液は心臓を取り囲む冠動脈をはじめ

身体中の血管系を巡ります。血管のネットワークには

静脈や毛細血管も含まれその総延長は10万KMにも

達します。

血管系の全長は地球2周半にも達するのに、血液はわずか

約1分でこの血管系を巡り終えてしまいます。



心血管系はすべての身体機能及び器官、体内の全ての

細胞を制御する強力な役割を果たしています。




ドロドロ血液で血管が狭まり、血小板が血管の中で

固まって心血管系に問題が発生すると、しばしば顕著な症状

も見られずに心臓発作脳卒中に見舞われる

ことがあります。


油断は大敵ですよ。身体の中のハイウエイである血管は

自覚症状がなくてもで静かに老化しているのです。

ハイウエイと同じように酷使された血管には修理や補強が

必要なのです。


次回は高血圧他,心血管系の代表的な疾患について・・・


健康スロー人@META

『厚生労働省 メタボリックに警告 メタボリック症候群対策ブログ』 トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。